カルシウム不足なら|サプリメントで補おう

菊芋と青魚の効能

錠剤

菊芋の効能

生活習慣病の代表として挙げられるものに糖尿病があります。糖尿病は血液の中の糖分が多くなって生じる病気のことであり、その指標となるものはヘモグロビンa1cというものがあります。ヘモグロビンa1cを抑制するのに効果的な食品は菊芋があります。菊芋にはイヌリンという成分があります。これはカロリーが低くなったり、腸内のビフィズス菌になって善玉菌のエサにもなります。また、糖が体内に吸収するのを防止する役割を持っています。それ以外にも効果があります。血圧の上昇とコレステロールの上昇などは生活習慣病の原因にもなりやすいので、きちんと菊芋を摂取することで改善していきましょう。しかも、摂取しても副作用がありません。

青魚の効能

青魚にはDHAが多く含有されています。これはオメガ脂肪酸に分類される成分であり必須脂肪酸という名前も持っています。これはどのような効果があるのかというと、中性脂肪を減らしたり、血液をサラサラにしたり、ヘモグロビンa1cを下げる効果を持っています。ヘモグロビンa1cを下げる効果はありますが、毎日摂取するのは難しいです。それというのも、1日に1g摂取しないといけませんが、これは非常に多い量です。マグロであれば700グラム程度摂取しないといけませんし、アジであれば150g必要です。しかしながら、サプリメントであれば1粒で十分な量を摂取することができます。そのため、サプリメントでDHAを摂取すると効率的にヘモグロビンa1cを減らすことができます。

Copyright © 2016 カルシウム不足なら|サプリメントで補おう All Rights Reserved.